ことほぎについて

サイト名「ことほぎ」
は、セラピストとしての
私のコンセプトです

過去の私は、ずっと居場所がなく
誰といても、どこにいても
違和感と不安の塊のような人で

何をしても自信が持てず
誰と一緒に過ごしても
寂しさを抱えたまま
窮屈で狭い世界で縮こまっていた

心底寂しくて仕方がないのに
仕事や、買い物や、お酒や、
男性という気晴らしに依存し

誰にも助けを求められずに
ただひとりでこの人生を
やり過ごすしかないのかなと
諦めながら生きてきた

2016年4月
師匠大塚あやこさんのセッションで、
(別サイトで当時の様子を書いてます)

その原因が「存在否定」
というビリーフにあることをつきとめ
リセットして頂いた

その時から私は、ようやく
自分の人生を自分で舵取りする
という意味を理解した

それまでの人生は
「常識」や「当たり前」といった
自分以外の誰かの価値観や考えに
動かされていただけで

自分のやりたいことや
自分のすきなことなど
主語が「自分」にあることが
選べてこなかったのだ
ということに気がついた

そこから、私とはなんだろうか
私が好きなことってなんだろうかと
紆余曲折しながらも

2017年にモニターさんとの
セッションを開始してから
気がつけば3年が経っていた

ありがたいことに
少しずつ来てくださる方も増えた頃
ある言葉を受け取った、
それが

「ことほぎ」だった

全ての生きとし生けるものには
いのちの尊厳があり
誰の、どんな「いのち」も、
祝われている、祝福されている

ただ、生きている「いのち」こそ
「ことほぎ」

ありのままの、いのちを生きる
ただ、めでたいね、ありがたいねと
自分の人生を慈しみながら
生きてほしいのだ

あぁ、それだ
私が「伝えたい」こと「やりたい」ことは

ご自分の「いのち」を
ただ、ありのままに生きる
それこそが、幸せなことだと感じてほしい

だって、私は「存在否定」という
ビリーフを持っていたから

存在否定って、
そこにいてはいけない
ありのままであってはならない
という究極の自己否定

そりゃ、切ないよね
生きていて苦しいはずだよね
自分のいのちを、自分すら
ありがたいと、嬉しいと、思えていないなんて

でも「居てはいけない」を
その苦しみを知っている私だからこそ
「存在否定」を持った私だからこそ

いのちを全肯定したいのだ

私は、全ての
「いのち」をことほぐ人でありたい
そして
「いのち」を祝い、幸せに生きる人を増やしたい

「ことほぎ」とは
寿ぎ、言祝ぎ、祝ぎ、壽ぎ、と書きます

生まれてきたことに寿ぎ
生きてきたことを寿ぎたい

そんな思いのサイト名です
これからも、よろしくお願いいたします

2020年11月11日 堀江さなえ

タイトルとURLをコピーしました