幼い頃の記憶

HSP、繊細さとつき合う

身体を固めてやり過ごす生存戦略とHSP(1)

お友達のセッションを受けてから幼い頃の記憶が浮かび上がってきていてそれらを丁寧に扱う日々でした 3歳の頃、両親と離れて親戚の家に引き取られたこと 深夜に目が覚めると誰もいなくて悲しくて怖くて、一人ぼっちで泣いていたこと ...
タイトルとURLをコピーしました