HSP、繊細さとつき合う

最近はメディアでも取り上げられ
知る人も多くなってきたHSP
(ハイリーセンシティブ)な人

私は、ずっと
身体と感性を閉じてきていたので
むしろ鈍感な人だと思っていましたが、

ビリーフをリセットし、
感性を磨くにつれ、
自分が繊細であったことに気が付きました

繊細さってどういうことなのか
そして、繊細さと上手に
付き合っていく方法などをお伝えします

HSP、繊細さとつき合う

まだ、その他大勢でいたい?

昔から思ってたんだけど、うまく言葉にならなかったことが、自分のなかで結晶化するように言語化されたことのひとつを書きました 最近、自分の中で言語化が進んでる多分、今まで言語化できなかった理由は、そんなことを言ってしまったら「いけない」と、考...
HSP、繊細さとつき合う

「繊細・敏感」に対するネガティブな捉え方を止めて欲しいのだ

私がHSPを公表しているからなのかはわからないけれど、私のところにいらっしゃるクライアントさまは、HSP率が高いブログや文章から嗅ぎ取るのかもしれない、HSPはそう言った嗅覚も鋭い、物理的な話だけじゃなく、勘が鋭いのだ(それも...
HSP、繊細さとつき合う

本当は敏感なのに、鈍感だと思い込んでいる人たち

映画を見てきたの「センシティブ 語られなかった物語」世界的ベストセラー「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。」の著者で、心理学者のエレイン・アーロン博士が、様々な実例を挙げ、センシティブな人たちが他の人と違う事で...
HSP、繊細さとつき合う

HSPの洋服選びが大変な訳

私は、好きな服と似合う服が違いすぎて、どうも服が選べない好きな服を着ると、服と顔の印象が違いすぎたり、服に着られてる印象が強くて、どうも心地が良くないし、綺麗にも見えないでも、似合うといわれる服を着ると、ビジネス感が強かったり、生地がかっ...
HSP、繊細さとつき合う

その「ごめんなさい」は許さない

セッションでお話を伺っていると、その時はそれほど気にならないのに、ずーっと記憶のどこかに残っていて、ふとした拍子にぽろりと思い出される、そんな「ことば」がある ”プチトラウマあるある”かもしれないと思うくらい、よく伺うお話の...
HSP、繊細さとつき合う

空気を読んでしんどい時の対処法

空気を読んでしまってしんどい、という話はよく伺うご相談あるあるなのですが、そもそも空気って何ですか?と考えたときに「空気とは、その場を支配するキーマンの気分」という、夢を叶えるゾウの水野敬也氏の言葉を読んで、膝を打ちまくって内出血しました...
HSP、繊細さとつき合う

お越しいただく方の傾向

ここ最近、続けて男性のクライアントさまにお越し頂いていて、なんだかいらっしゃる方に似た共通点があって興味深いなぁと思っていたけれど、よくよく思い出してみたら、女性もだわーと思ったので、私のセッションを選んでいただく方の共通点あるあるを書い...
HSP、繊細さとつき合う

HSP:最初に「自分を満たす」

先月からモニターセッションをやっておりまして身体のケアなので対面ですそうすると、無料だからなのかお土産を持参頂く方が多いのですね頂いたそれらを眺めているとなんというか感慨深くなりました 一応、セラピストのサイトですので自己紹...
HSP、繊細さとつき合う

HSP:しんどい経験もすべてギフトだった(7)

つづきね 私が「鎧」を明確に意識したのはこの記事の10歳頃だったけれど実際はもっと前から感じないことにする防御をしてきた気がするそして、この鎧が私のHSP的感受性を表出しないよう長いこと働いてくれていたでももうその鎧が不...
HSP、繊細さとつき合う

HSP:「鎧」の驚きの効果(6)

自分のいる場所を、嫌いだと感じたままでは 自分を弱いと信じたままでは、生きていけなかったから、私は「鎧」を身につけることを覚えたのだけど、この「鎧」は、ことのほか便利で居心地が良かった、なぜなら...
タイトルとURLをコピーしました